ToMoNoRiの日記

発達障害のアスペルガーに悩む男

自分の考えのなかにある、自分らしさとは

久しぶりに自分のブログに向かいます。

ひとしおの悩みが自分のなかにあり続けることに、自分の本当の悩みを見つけることが

出来ることのほころびと、自分らしさという意味の言葉を見つけることが、本物の中身

なることの期待感として、自分の考えがあるということの想像力こそが、人と自分を結

びつけるヒントとしてあることの、感謝の意味とは何か?

自分は所詮こんなもの、という、自分の誇りのない心の有りようこそが、自分と他人と

意味における、自分の発見としていえる、変わりようにも変わりえない自分の存在とは

自分の潜在的にある、気持ちの前触れにある、些細なことに対する、思いが、いかほど

の物であるかの、自分の去勢が人のなかに入りきれない、自分としての思いのなかにあ

ある、自分とは自分ということのこんがらがった気負いでありながら、自分が思いのほ

か自分として嫌いになれない自分のかわいい心の悩みである。

勢いに任せて自分が楽になりたい気持ちの良さに考えがあるなら、自分のなかに意見と

して、自分を嫌う人の考えが意味をなさずにおどけている意味の時間の意味とは、いか

なる、内包的な事実として、意見が全然違うことの考えが、今からの本当の内実として

期待している以上の感じあえる考えになることの、究極の答えとは、自分の禁断の気持

ちの中にある、ジレンマに似た、気持ちのほころびであり、直に声になることの声の勢

いが、時間の深さに悩む声の中に、理屈を超えた自分としての、真実の悩みである、

行動の中の問題が時間としてのありがたみになることの、気負いが本当の形になって

来るときの魂胆になることの感嘆であることの、勘違いがあるかのような行いのなかに

気持ちのいい嘘が疑いとしてあることの答えが傍観者のように期待されていることの

感じ方の寛容さにやさしさの意味を知る。

それが、時間とともに癒されるときの感動こそが、本当の意味での露骨な考えにありえ

ることのなかに、本当の心の空白として、問題視することの悩みの勘違いとして、深い

価値観を見出すときの問題の程が、究極の感情の答えに思えて、感動の答えのなかに、

今度こそはという、答えの恥の様な、自分の面持ちの悪さに悩む、謀殺の考えが、恐怖

の感情に意味をなくしてしまい、今日にも明日かもしれない、時間のボロとして、勘違

いしている本当の考えがある。

 

違うブログも書いております。お洒落ファッションブログ FANCY&CHICです。ハイブランド商品を最大75%OFF

で売ってます。よろしくおねがいします。

oneclover.biz