ToMoNoRiの日記

発達障害のアスペルガーに悩む男

自分を見つめるということ

いま、自分がなにを考えているか?

自分自身にとうてみても、適格にそれを、表現することの

むつかしさは、途方もない苦労が生じやすいと考える。

その、考えの先っぽは、今、自分が考えていることの

なんたるかを知ることの、条件しだいによって

言葉にできないなにかの表現である。

自分がおかれている状況判断が良い悪いに関係なく、

気持ちの空虚さがじぶんを後押しして、まるで、

雲つかむがごとくさささと言ってのけることが、

自分の今考えもなく言える、素直に見つめている

ということに思う。