ToMoNoRiの日記

発達障害のアスペルガーに悩む男

らしからぬ心の中になにかある

人間はらしからぬ心の中に秘めた思いがあると思う。

本気に見える自分の姿勢の貫き方にたいして、人は

自分のことをどう見ているだろうか?

 

自分とは元来、自分たる理由もなく、自分としていれている

でも、その心の内の秘めた思いに、おもわず、自分らしからぬ

心の内側にある、もう一人の自分と向き合うことがとても

むつかしくて、いいように人にとられてしまいがちになったり

悪いようにとられてしまうこともある。

 

もし、自分がこんなことを考えているなら、人に明かすべき

だろうか?

 

一瞬、ふと思う我を忘れたときの、自分の様変わりの程を

 

人が変わったかのようにとたえれるのだろうか?