ToMoNoRiの日記

発達障害のアスペルガーに悩む男

傷つきに対する癒しとは

何かの拍子に傷ついたことのある人間は、ある程度理解できること。

つんのめって自分に背負い込んだ心の傷は、いとも簡単には癒せない。

例え、なにかの特効薬を求めるがごとく、人を頼っても、所詮は他人のこと。

自分が思いつめた原因がわかっても、傷つきに対して、もろくも、崩れ去りそうに

なっていくことの愚かさたるや、はた目からみても、どうにも絡みにくいことは

事実であると思う。

もしかしたら、自分だけが、この傷と一生向き合っていかねばならないのか?

昨日まで、さほど気にならなかった思いのすべてが、重く自分の傷に突き刺さる。

一体、何が僕をここまで、追い込むのか?

全て、わすれてしまえばいいのに・・・・。

苦しい、にがい経験が自分を苦しめるのは、ここまで、追い詰めた、我が身

の弱さゆえか、生来の気質か、自分が自分に愛想をつかすのか?

自分の計らいの失敗か、あるいは、傷つけられた人への報復か?

自分の選択がいかなる結果を呼ぼうとも、自分の痛みは自分にしか返ってこない・・。

どうせ、自分なんてこの程度のものと、決めつけても決めつけにならない、向き合う

ことの恐怖感は、傷ついた時の流れが長いほど、忌々しくも汚くも、自分を羽交い絞め

にして、どうにも、もがけないほど苦しめる。

もし、一生にもう一度があるのならば、自分なりに取り戻したい傷つきの無かったころ

の自分はどれだけ素敵な人生を送っていただろうか?

それでも、また、同じことに傷ついてしまうのだろうか?

だから、同じことを繰り返し避けてしまうのか?

もう、余計な事をしたくない、だって、いつものことと自分を押し殺してしまうから。

自分をださないでいると、いつもらしからぬ、傷ついたことのないふりができるから。

もう少し、こうしとけばよかったなんて、後悔や懺悔も通用しないくらい、もう

たくさんだ。

今に見ていろと周りを呪ったって、死角に入って見えてもしない。

自分の存在が色々と煩わしいかうっとうしいかと、人の顔色を気にする。

気に入られようとすると、ことさらに、自分の傷がうずく。

機械仕掛けのような日々になってくると、妙に癒されたくなってくる。

自分として同等に値する、見返りも求めたくなってくる。

自分が背負った傷が、癒えない傷だと思えることに、抵抗感がなくなり

至極当たり前のようになってくる頃に、終わりの様な夢を見る。

体の端々に落第者の刻印のような痛みと動揺が走り周り、まるで悪魔に誘われたかの

ように、地獄を意識する。

それでも、人々は、自分の傷つきがなんであるかのように、生きれている。

そのわだかまりの前に、自分は恐怖して、眼前の哀れに涙を浮かべる。

「ああ、もう少し理解してほしかった。」

そんな言葉に酔うと、情けなくも、自分の命など、幾分かの価値もないと

この世とおさらばしたくなる。

のこぎりで自分の首を切り落として、顔ごと自分の足元に落ちても

自分は自分の顔を見れない。

残った胴体がもろくも倒れていく様をまじまじとみせつけられること、

こんな、みじめなことあっていいのだろうか?

空白のときは、なるべく、じっとしている、そして、時の流れに身をまかせ

自らの心の傷が治っていく術を、だれからも習えずにいるのみの、時間だけ

でも、自分がそうありたい自分であってくれたら・・。

砂漠に彷徨って、オアシスを探すような、血眼の心も、所詮、傷の手当も

してないだけの、徒労感に終わる。

希薄な空気のなかで、自分の呼吸が見えなくなるまで、自分のことを観察する

ことの味わい深い苦しみの境地は自分らしからぬ、自分らしさとして、思惑とうり

に実行した、自分の支配なのだ。

そんな遠のいた自分の簡単な恥のぬぐいかたに、なんにも得たことがないかの如く

傍観者になりたがることの己の無様さに、ぬぐえない恥が重くのしかかる。

 

いかれてるほど自分の頭の中身が変に感じることの悩みには、幾分かの傷に対する

途方もないことの繰り返しに思う、我が身の変身願望があるような。

あきらかに、以前の自分とは違うと思いえるような、僕らしい傷の癒し方。

それは、いつしか自分が思っていたころに、傷ついたことに対する思いのほか

混同しやすい自分の合わないことに対する無理強いが、いけないことだと気づけた。

自分らしいことをただ一つ、前向きにがんばること!!

問題の傷は触れない傷として、もう一生むきあうことはないのだと、自分の衝動的

な無理に付き合わない形で、自分との方向が一致することのありがたみが、自分の

傷の治し方だと思った。

傷ついた天使

http://oneclover.shop/

 

臆病者

何かにつけて、臆病な自分の関心の低さは、いつも、自分がおよび違いに思うことの、

始まりの文句は、いつも「まあ、あの、そうですね」といった、常套句になる。

逃がしたい気持ちの裏には、大概のことは真に受けていることであり、自分次第で

自由に返答できる、言葉の危ぶみに思う。

いつ、何時にじぶんらしく答えることのない、自分のはにかみは、期待どうりに

帰ってくる返答のいかんが自分との冷静さの駆け引きになって、僕はどうなんだろうか

と思っていても、自由に感じえない、わだかまりも感じない、平たい臆病の感覚は

自分がいつも思っている、「こんなに言えたらどうだろう?」という言葉の鳴かず飛ば

ずの自分の阿保さ加減がいつも、気になる。

臆して気分をうかがうことの自分の考えの中途半端さが、自分にたいする、疑いになる

なら、自分の配慮にたいする、憂き目のない自分の反して思えない感情の中身が

意味心なら、ないがしろになってくる、人とのかかわりかたにおいて、広がりが見えな

くなってくる。

それが、臆病な自分の心であります。

臆病な猫

oneclover.biz

常識はずれのありかた

とかく、常識に悩むぼくとしては、何が常識で何が非常識なのか?

自分が我慢できる人の非常識な一面ってなんだろうか?

とがっている人のつんけんした態度に合わせて、自分がそうあらないように

人に非常識を責めることの無難さにあわてて直す、自分の常識的態度。

何が常識的でも、常識からはずれた考えは非常識になるのか?

勘違いでもいいので、その考えを常識はずれな考えとして、取り合わないこと

を人はなんとなく常識にしてしまうのか?

本当は自分の思うことのできる、常識とは、見習うべきことのとっかかり

として、本来、背負うべくないことの習慣として、行いのなかの公式的

な標準的な考えとしておもえ、それ以外の皆がいかなる理由でもありがたがらない

行動のなかの言い訳にでる行為にも似ていると思う。

でも、そのどちらかでもなく、人の憶測のなかの、基本的欲求のなかに、自分も

知りえない、誰かがそうしたわけでもない、常識はずれの考えがあっていい。

「人がそのことを常識だといえば、ほかの人は非常識にならずにすむが

誰かが常識外れだといえば、その人はそのことになにかしらの自分の常識にない

答えをだせる。」

ゲルニカ

oneclover.biz

お金の話

今の身分がこうだから・・自分にあうお金のことはあまり満足できてないな。

見せてもいいなら、見せてあげたいほど、お金の苦労は感じるのに、

なぜか、お金にたしてシビアになれないことの、あがきにならないほど

自分が使うお金の相対的価値として、なにを手に入れるべきか?

もったいないから使わないほうが、いいものが出たときに買いやすいのか?

行いの行儀良さとして、俗っぽい考えをすてて、いまあるお金で買えるもの

で我慢するのか?

いいさ、どうにかなるさと、あるもの全部買いたがるか?

自慢気にお金ことを言いたがる人は、僕がおもうとこの、お金の稼ぎ方では

無理なことを、できる人だけなのか?

人心の掌握として、お金を使う人もいるだろう。

でも、つつましい暮らしのなかで、誇れるほどお金があるかないかなんて、

きっと、声高に言えない気分だな。

ある人はあるだろうし、ない人はきっと笑えるほどないような。

「あってもなくてもお金に困るなら、配るかもらうかで遠慮しないで

済む程度にしたいな。」

お金

oneclover.biz

冗談が言えること

僕ことかな?とおもうほど自分によくあてはまることの意味として、

冗談がいえることの素晴らしさ。

もし、違ってたら御免なさい、今、冗談でしょ?僕のこといってなかったかな?

互い違いに感じる言葉のやりとりのあいまに浅はかに冗談に笑ってしまう。

もしも、本気でいってるんだろうか?なんて、とらえ方は邪推に終わってしまう。

冗談なんて、そのまま、受け取って、どうするのか?

今忙しいから後にして欲しいときに、いちいち、横から、ちゃかしてくる

ひとがうっとうしいなら、冗談でいいから、すすんで、笑ってさしあげよう!

曇り空がひとしおに心苦しときに、お日様が照らしてくれるときの、

ほのかな、気持ちの良さに、冗談でいいから、感謝できたら。

「ほのかな気持ちの中に、さわやかな冗談が言えるとき、きっと、僕は

僕じゃない気持ちで、気分良く一日を歌っているのだ!」

冗談

oneclover.biz

サヨナラの価値観

人には切っても切れない人生の出来事、それは、永遠のサヨナラ。

ある人に惹かれていても、自分の感情のなかの大きなうねりとして

くる、大いなる予感は、サヨナラの予兆か?

きっと、また会える。

それでも、はぐれてしまう、各々のこころは割かれてしまうかのように

心が張り裂けんばかりにその人のことを思う。

それは、自身のおぼろげに見ることのできる、著しい、綺麗なあの人

への想像力であって、自分がその人とサヨナラしなきゃいけない事実へ

の受け入れ方がひどく打ちのめされたかのように、しおらしくさせてし

まう。

それでも、人間は忘れいることのできる、その人の記憶はもとより

そう感じているだけの、涙の理由として、人はこらえることない

悲しみに負けじとするところに、生きる意味を見いだせる。

「あの人との別れは、サヨナラの価値観として、永遠のものとして

感じることに、きっと、あの人は僕のことを忘れることなく

違う人との出会いのきっかけに感謝するときに、きっと、

僕を思い出すだろう。それでいい、それだけでいいのだ。

サヨナラなんていまだけのものさ!僕もまた同じような人と

出会うだろう。」

さよなら

oneclover.biz

本当のありがとうの意味

僕が思うありがとうという言葉の本当の意味はなんだろうか?

僕がそう思っているほど、君はそれを感じているだろうか?

だって、君が思うほど僕の中に感謝したい気持ちはあっても、

君が思うほどの感謝がしるしのように示されたい気持ちに

なっているか?

簡単に感謝することの悩みとして、だれかれともなく、自分が

いい事を言おうとしていることに、なんだか恥ずかしさを感じる。

答えがありきたりなら、それでいい。

でも、どうしても、いっておかなきゃならない、感謝の言葉。

「ありがとう」その一言に意味なんて感じえずとも、今、ここで

言い放っておかないといけない瞬間の思いに、感謝とは、自分

とも思えないことの勇気として、ありきたりにあなたに思えた言葉

だから。

きっと、何かしらの心地よさがあなたの気持ちに流れてくることの

感動的なさわやかさは、きっと、あなたの笑顔にあふれんばかりに

見えてくる。

「だれとて、ありがとうという言葉に笑顔になれる。それは、惨憺たるあやまち

に悩む人にだって、きっと届くはず。」

笑顔

oneclover.biz